レクリエーション資格について

レクリエーション資格

レクリエーションでの介護を資格化

介護施設ではレクリエーションを行うときは、今まではそのレクリエーションは介護スタッフのセンスに任されていました。
そのために、介護施設によってそのレクリエーションの種目や行い方やレベルなども違いがあり、介護スタッフのセンスによってどのようなレクリエーションになるか左右されていました。

しかしレクリエーションを体系的に学び資格として欲しいという声が多かったので、そのノウハウと資格を作り、レクリエーション介護士という資格が生まれました。
レクリエーション介護士は日本アクティブコミュニティ協会が認定している資格であり、この団体は国の支援を受けているので、資格の信頼性が高いです。

2014年に認定が始まったのがレクリエーション介護士2級であり、これは受験資格は特に必要なく、通信講座や通学で学んだ後に、認定試験に合格すれば誰でも取得できる資格です。
この資格では、高齢者とのコミュニケーション方法やレクリエーションの企画の立て方や実行の仕方などを学び、高齢者に楽しみを与えられるような人材を目指します。
2014年には2級の認定が始まったばかりですが、今後は1級も認定開始される予定です。
1級を取得すれば、より高度な技術を得て、レクリエーションでの人材を育てるようなことも出来ます。

参考 : レクリエーション介護士とは|介護のお仕事

他の資格と併用すると良い

現在の段階では、レクリエーション介護士の資格のみを持っている方は、介護現場では採用されにくいです。
実際にレクリエーションを行うとなると、介護現場では未経験者よりも実務経験者を採用することが多いので、この資格のみの方はあまり採用されません。

他の介護関係の資格では、実務経験を行わないと資格取得のために受験できないようなものもあります。
たとえば介護福祉士がその例ですが、そのような資格では取得までは難しいですが、介護現場では幅広く活躍できる資格となります。
このようなことから、現段階ではレクリエーション介護士は、どちらかと言えば介護の仕事をするにあたっての補助的な資格と考えておいた方がいいでしょう。

ただしこの資格を介護現場以外で役立たせるなら、レクリエーション介護士のみでも大いに役立ちます。
地域のボランティアとして資格を役立ててコミュニケーションに利用したり、ボランティアで要介護者の介護を行ったりすることが出来、在宅介護なら大いに役立つ資格でしょう。
またこの資格があれば、要介護者を介護する家族の人が取得しても役立つような資格となっています。
レクリエーション介護士は出来たばかりの資格なので、これからの活用方法や役立たせることが出来る場所なども、徐々に固まって一般的に知られていくようになるでしょう。